Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】イベント前で動けず アジア安も重石

2021/08/26

26日の東京市場は小幅まちまち。TOPIX業種別騰落率は、空運、鉄鋼、陸運、銀行、鉱業など20業種が上昇。紙パルプ、その他製品、化学、海運、電機など13業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも小幅続伸。デルタ株拡大のピークアウト感が強まったうえ、長期金利上昇で金融株が買われ、相場を支えました。
東京市場は日経平均が69円高でスタート。パウエル議長講演を控える中、国内で感染拡大が止まらず。上海、香港などアジアが不安定だったことも重石となり、買い一巡後は尻すぼみでした。
個別銘柄では、ANA、JR東など運輸株がしっかり。みずほ、第一生命など金融株も強含みました。半面、パナソニック、ソニーなどエレクトロニクス関連が軟調。郵船、商船三井など海運株も冴えず。