Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】小幅安でジャクソン待ち

2021/08/27

27日の東京市場は小幅安。TOPIX業種別騰落率は、海運、紙パルプ、保険、金属の4業種が上昇。精密、倉庫、石油石炭、電力ガス、卸売など29業種が下落。
前日の米国市場は3指数とも下落。ジャクソンホール会合を前に複数のFRB高官が引き締めを示唆したうえ、アフガニスタンで米兵12名が殺害され、センチメントが悪化したようです。
東京市場は日経平均が161円安でスタートしましたが、売り一巡後は底堅い展開。イベント前とあって積極的な売買はあまり見られませんでした。
個別銘柄では、ソフトバンクG、ファストリ、ソニーなど主力株が冴えず。帝人、東レなど素材系も売られました。半面、商船三井、郵船など海運株がしっかり。