Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】2万9000円台 菅退陣、与党勝利に期待か

2021/09/03

3日の東京市場は大幅高。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、鉄鋼、電機、証券、機械、薬品など。
前日の米国市場は3指数とも上昇。新規失業保険申請件数がパンデミック後で最少となり、支援材料になったようです。
東京市場は日経平均が83円高でスタート。前場から買いが先行しましたが、昼に菅首相退陣が伝わり、後場は一段高。終値で6月28日以来2か月ぶりに2万9000円台を回復しました。支持率低迷中の菅氏の退陣で、新内閣による大規模な経済対策や、衆院選での与党勝利への思惑が高まったようです。
個別銘柄では、JFE、神戸鋼など鉄鋼株が堅調。菅政権からの通信料値下げ圧力がなくなるとの見方からか、KDDI、NTTも大幅高でした。半面、JR西、JR東が続落。