Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】NECが新高値、政府の中国製通信機器排除観測受け富士通も上昇

2018/12/07

 NEC(6701)が3日続伸して11月30日以来1週間ぶりに年初来高値を更新。2016年1月以来およそ2年11カ月ぶりの高値をつけているほか、富士通(6702)も4日ぶりに上昇している。NECは午後1時41分時点で前日比65円(1.9%)高の3580円で取引されている。

 政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を政府調達から事実上、排除する方針を固めたと複数のメディアが報じており、もしそうなれば今後は国内製の需要が増えるという見方から、国内における通信機器の有力メーカーである両社株を見直す動きが強まっている。

 また、NECについてはブラックロック・ジャパンが6日付で財務省に提出した変更報告書によって、同社と共同保有者の保有比率が従来の6.31%から7.48%に増加したことが明らかになっており、これが需給面の思惑を誘っている面もある。ブラックロック・ジャパンは世界最大級の資産運用会社である米ブラックロックの日本法人で、報告義務発生日は11月30日となっていた。