Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】すかさず反発 香港高も材料視

2021/09/10

10日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、証券、その他金融、化学、金属、サービスなど29業種が上昇。空運、電力ガス、薬品、石油石炭の4業種が下落。
前日の米国市場は3指数とも下落。週間の新規失業保険申請件数は前週に続きパンデミック後の最少記録を更新しましたが、あまり材料視されませんでした。
東京市場は日経平均が91円高でスタート。強い基調が続き、じりじりと上値追い。香港市場が下げ止まったことも支援材料となり、日経は高値引けでした。
個別銘柄では、野村、大和など証券株が堅調。アドバンテスト、東京エレクなど半導体株も買われました。半面、認知症薬の販売不振が伝わったエーザイが下落。