Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】FOMC波乱なし 全面高

2021/09/24

24日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、海運、保険、鉱業、銀行、倉庫など。
 23日の米国市場は3指数とも続伸。FOMCで11月のテーパリング開始が事実上アナウンスされたものの、利上げとは別議論との認識が強く、買い意欲が継続しました。
東京市場は日経平均が502円高でスタート。為替が1ドル=110円台半ばの円安に振れ、株式市場は全面高。3日ぶりに反発しました。
 個別銘柄では、米国金利の上昇を受け、みずほ、第一生命など金融株がしっかり。郵船、商船三井など海運株も買われました。半面、神戸物産、ウエルシアなど小売株の一角が冴えず。