Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】下落 「岸田優位」で一段安

2021/09/29

29日の東京市場は下落。TOPIX業種別騰落率は、空運のみ上昇。下落率上位は、精密、電機、銀行、保険、機械など。
 前日の米国市場は3指数とも下落。債務上限引き上げ問題で米国債デフォルトや政府機関閉鎖が現実味を増しているうえ、テーパリングへの備えで10年債利回りが1.567%まで上昇。株式市場はリスク回避姿勢が鮮明となりました。
東京市場は日経平均が572円安でスタート。配当落ち日に米株安や上海下落への警戒感が加わり、指数は終始底這い。自民党総裁選で岸田氏優位が伝わり、さらに下押しされる場面もありました。
 個別銘柄では、トヨタ、パナソニック、三菱UFJなど主力株が軟調。ソフトバンクG、ファナックなど値嵩株も売られました。半面、JAL、ANAなど空運株が逆行高。