Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】12年3カ月ぶり8日続落 海運、半導体弱い

2021/10/06

6日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、石油石炭、銀行、電力ガス、ガラス土石など19業種が上昇。空運、海運、自動車、陸運、薬品など14業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも反発。ISM非製造業PMIが市場予想を上回ったうえ、債務上限問題への警戒感がやや和らぎ、買いが優勢でした。
東京市場は日経平均が211円高でスタートしましたが、買い一巡後は失速。海運や半導体など足元で弱いセクターが売り直され、投資家心理が悪化。2009年7月以来12年3か月ぶりの8日続落となりました。
 個別銘柄では、東京エレク、アドバンテストが続落。減産観測が伝わったトヨタは3%超の大幅安でした。半面、WTIが80ドルに迫る勢いをみせ、INPEX、ENEOSなど原油株が強い動き。