Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】反落 休日のFOMC前で持ち高調整

2021/11/02

2日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、空運、海運、繊維、電機の4業種が上昇。保険、証券、非鉄、鉄鋼、その他金融など29業種が下落。
前日の米国市場は3指数とも続伸し、それぞれ連日で最高値を更新しました。
東京市場は日経平均が185円安でスタート。休日とFOMCの結果発表が控え、持ち高調整の売りが先行。ただ、大きく売り込むほどのネガティブ材料はなく、2万9500円どころで下げ渋りました。
個別銘柄では、野村、みずほ、第一生命など金融株が冴えず。JFE、住友鉱山など鉄鋼・非鉄株も売られました。半面、ANA、JR東など運輸株が強含み。