Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】続落 円高を警戒

2021/11/09

9日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、情報通信、鉄鋼、鉱業など3業種が上昇。繊維、ゴム、海運、不動産、農林水産など30業種が下落。
前日の米国市場は続伸し、ダウ、SP500、ナスダックとも最高値を更新。ナスダックは11連騰となりました。先週末に1兆ドル規模のインフラ法案が下院を通過し、強気ムードにつながったようです。
東京市場は日経平均が50円高でスタートしましたが、買い一巡後は売りが先行。米株先物が弱含んだうえ、ドル円が112円70銭付近まで円高に振れ、警戒感が台頭。株式市場は下げ幅を拡大しました。
個別銘柄では、トヨタ、パナソニック、コマツなど輸出系が軟調。川崎汽船、商船三井など海運株も売られました。半面、大規模な自社株買いを発表したSBGが急伸。