Logo stockvoice

Market Overview

【相場概況】4日ぶり反落 連騰の反動売りか

2019/01/10

 10日の東京市場は日経平均が2万163円80銭(▲263.26)、TOPIXは1552.01(▲13.10)。
 前日の米国市場は3指数とも続伸しましたが、上値の重い展開。政府機関閉鎖に絡む与野党協議が平行線に終わり、警戒されたようです。東京市場は日経平均が157円安でスタート。前日までの3連騰で900円近く上げた反動もあり、軟調展開となりました。
 東証1部売買高は13億892万株、売買代金は2兆2968万円。値上がり銘柄数は639、値下がり銘柄数は1426、変わらずは63。TOPIX業種別騰落率は、陸運、電気ガス、倉庫、空運、紙パルプなど6業種が上昇。石油石炭、化学、精密、その他製品、小売など27業種が下落。
 個別銘柄では、前日買われた塩野義、アステラスなど薬品株が冴えず。出光、JXなど原油関連も弱い動きでした。半面、東ガス、JR東、大成建設など内需系の一角が強含み。