Logo stockvoice

Market Overview

3日続伸、米株高追い風に約3週間ぶり高値

2017/12/01

 1日の東京株式市場は日経平均が2万2819円03銭(△94.07)、TOPIXは1796.53(△4.45)、日経平均先物12月物は2万2780円(△20)。
 前日の米市場は上昇。東京市場も先物への外国人買いなどで大きく上昇して始まり、日経平均は朝方に2万3000円に接近。米議会上院における税制改革案の採決への思惑から下落に転じる場面も。しかし、短期筋中心の動きで売りは続かず、後場には再び買いが優勢となり、日経平均は3日続伸。11月9日以来およそ3週間ぶりの高値で取引を終えました。
 東証1部売買高は16億2710万株、売買代金は3兆179億円、値上がり銘柄数は1002、値下がり銘柄数は940、変わらずは97。
 TOPIX業種別騰落率は石油、鉱業、機械、鉄鋼、保険、空運、化学、海運、銀行、繊維、精密など20業種が上昇。非鉄、水産、紙・パ、不動産、食品など13業種が下落。
 個別銘柄では三菱UFJや千葉銀など銀行株が高く、JXTGや国際帝石といった石油関連株上昇。ソフトバンク、ファストリテ、東エレク、コマツ、新日鉄住金、東京海上も高くなりました。値上がり率上位はジンズメイト、パソナ、オルトプラス、愛眼、T&Gニーズなど。半面、ソニーやキーエンス、日電産が軟調で、NTT、アステラス薬、DeNAも下げました。値下がり率上位はネクステージ、日本ライフL、インソース、荒川化学、スターティアなど。