Logo stockvoice

Market Overview

4日ぶり反落、主力ハイテク株への売り続く

2017/12/04

 4日の東京株式市場は日経平均が2万2707円16銭(▲111.87)、TOPIXは1786.87(▲9.66)、日経平均先物12月物は2万2710円(▲70)。
 前週末の米市場は下落。週末に米税制改革法案が上院で可決されたことを受け、東京市場は金融株などへの買い先行で始まりましたが、すぐに息切れ。「ロシア疑惑」をめぐる米国の政治動向や北朝鮮情勢への警戒感から買い手控え気分が強く、日経平均は4営業日ぶりに反落。主力ハイテク株への利益確定売りが続き、これを吸収する買い主体は限られました。
 東証1部売買高は13億9443万株、売買代金は2兆4096億円、値下がり銘柄数は1314、値上がり銘柄数は645、変わらずは82。
 TOPIX業種別騰落率はその他製品、精密、空運、金属製品、機械、電力・ガス、電機、情報・通信、その他金融、化学など26業種が下落。鉱業、石油、水産など7業種が上昇。
 個別銘柄では東エレクや村田製、キーエンス、ファナックが軟調で任天堂が下落。ソフトバンク、NTT、東京海上、三井住友FG、セブン&アイも安くなりました。値下がり率上位はペッパー、インベスタC、愛知銀、ニッカトー、ダイコク電など。半面、三菱UFJとファストリテは9営業日続伸。ソニー、ホンダ、新日鉄住金、JXTGも上昇しました。値上がり率上位は豊和工、石川製、日本エスコン、GMB、クミアイ化など。