Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】MSJapan急反発、3Q利益の対通期高進捗率を買う

2019/02/07

 公認会計士や弁護士等の士業と一般事業会社の管理部門に特化した人材紹介業を展開しているMS-Japan(6539)が急反発した。午後0時31分現在、前日比279円(18.24%)高の1809円と東証1部の値上がり率2位で推移している。一時は、1904円まであった。 
 6日に発表した2019年3月期第3四半期(18年4~12月)の単独業績を好感した。営業利益は12億9300万円(前年同期比64.9%増)、純利益は9億3800万円(同46.6%増)で着地した。据え置きとなった通期計画に対する進捗率の高さから、同計画の増額修正期待が台頭した。通期計画に対する進捗率は営業利益で85.5%、純利益で90.6%に達する。通期の営業利益は15億1200万円(前期比29.2%増)、純利益は10億3500万円(同13.7%増)とともに連続して過去最高益を更新する見通し。第3四半期は、働き方改革に伴う人員補強など企業の人材需要から、一般企業向け紹介実績が拡大した。専門組織向け紹介実績も堅調に推移した。