Logo stockvoice

Market Overview

【個別株】ソニーは5日ぶり反発、発行株の2.3%の自社株買いを好感

2019/02/08

 このところ売り込まれていたソニー(6758)は5営業日ぶりに反発。上げ幅を広げて午前9時46分時点では前日比229円(4.8%)高の4942円となっている。

 きょうの寄り付き前の午前8個30分に発行済株式総数の2.36%にあたる3000万株、金額で1000億円をそれぞれ上限に自社株式を取得すると発表しており、好感買いが増加している。2月1日の通常取引終了後に発表した今2019年3月期の第3四半期累計(18年4~12月期)が市場の期待ほど伸びず、通期の利益予想も据え置いたことを受け、翌営業日の4日から下落が続き、連日で昨年来安値を更新した昨日まで4営業日合計での下げは786円、率にして約14%に広がっていた。その反動もあって、きょうは自社株買いを素直に好感する展開となっている。

 もっとも、買い付けは2月12日から3月22日という比較的短い期間で実施する計画で規模も決して小さくはないが、その割に反発力は弱いという見方もあり、上値での戻り圧力も強いようだ。