Logo stockvoice

Market Overview

4日続落、通信株への売り続く

2017/12/15

 15日の東京株式市場は日経平均が2万2553円22銭(▲141.23)、TOPIXは1793.47(▲14.67)、日経平均先物3月物は2万2520円(▲110)。
 前日の米市場は下落。為替の円高もあり東京市場も売り優勢。午後には日銀の上場投資信託(ETF)買いへの思惑などで日経平均は一時プラスに浮上。しかし、買いが続かず、4日続落して取引を終了。楽天による携帯電話事業参入を受けて競争激化への懸念から通信株が売られ、指数を押し下げました。大引け段階での持ち高調整で売買代金が増えました。
 東証1部売買高は18億4421万株、売買代金は3兆3299億円、値下がり銘柄数は1343、値上がり銘柄数は629、変わらずは81。
 TOPIX業種別騰落率は情報・通信、海運、電力・ガス、その他金融、鉄鋼、不動産、陸運、銀行、自動車、石油など27業種が下落。水産、空運、小売など6業種が上昇。
 個別銘柄ではKDDIやNTTなど通信株が昨日に続いて売られ、楽天も大幅続落。三菱UFJ、トヨタ、キヤノン、村田製、商船三井、JR東海、SGHD、ソースネクスも下げました。値下がり率上位はFロジック、ヤーマン、亀田製菓、Aエステール、ショーケースなど。半面、任天堂が反発し、東エレク、昭和電工、安川電、カチタスも上昇しました。値上がり率上位はソルクシーズ、東海カ、日本カ、SBI、ヨシムラなど。