Logo stockvoice

Market Overview

買い手控え続くき反落

2017/12/26

 26日の東京株式市場は日経平均が2万2892円69銭(▲46.49)
TOPIXは1827.01(▲4.92)、日経平均先物3月物は2万
2850円(▲30)。
 週明けの米国株式市場は休場。26日も欧州主要市場が連休となるため、参
加者が少なく、手掛かり難もあって買い手控えムードが強い市況。持ち高整理
の売りが主力株中心に出て株価指数は反落。朝方発表された失業率、有効求人
倍率、消費者物価など経済統計が予想以上の好内容だったものの、インパクト
にはなりませんでした。
 東証1部売買高は10億9489万株、売買代金は1兆6542億円と昨日
より若干増加した。値上がり銘柄数は752、値下がり銘柄数は1200、変
わらずは112。
 TOPIX業種別騰落率はその他製品、紙・パルプ、電気機器、非鉄金属、
鉱業、卸売、石油、精密機器、繊維、金属製品、電力・ガスなど27業種が下
落。サービス、小売り、建設、水産、陸運、医薬品の6業種が上昇した。

 個別銘柄では任天堂が終日軟調な推移を辿り、ほぼ安値引けとなったほか、
メガバンクや設備投資、半導体の関連銘柄がジリ貧の展開となりました。値下
がり率ランキングの上位には、前日休止した反動で安いジーンズメイトをはじ
め愛眼、セントケア、ストライク、カーリットHDなどが顔を並べています。
 逆に、高島屋の好決算を受け、百貨店株がそろって新高値に買い進まれたの
を始め、化粧品、トイレタリー、外食など消費関連銘柄の一角が人気を集めま
した。値上がり率上位はオーバル機器、ヨシックス、澤藤電機、オプトラン、
ヤマウラなど。