Logo stockvoice

Market Overview

小幅続落、年間では19%高で6年連続上昇

2017/12/29

 29日の東京株式市場は日経平均が2万2764円94銭(▲19.04)、TOPIXは1817.56(▲1.47)、日経平均先物3月物は2万2760円(▲20)。
 前日の米市場は続伸。大納会の東京市場も買いが先行したものの、年末年始の連休を前に積極的な売買は手控えられ次第に失速。後場には日経平均への寄与度の大きい値がさハイテク株に売りが出て日経平均は小幅続落。新興市場も含む小型株は堅調でしたが、力不足でした。日経平均は年間では3650円57銭(19%)高で6年連続の上昇となりました。
 東証1部売買高は8億8915万株、売買代金は1兆5465億円、値下がり銘柄数は914、値上がり銘柄数は1030、変わらずは119。
 TOPIX業種別騰落率は食品、化学、サービス、空運、電機、繊維、建設など15業種が下落。ガラス・土石、紙・パ、銀行、証券、金属製品、精密など18業種が上昇。
 個別銘柄ではトヨタやソニー、東エレク、信越化、キーエンスが軟調でソフトバンク、ファストリテ、KDDI、ヤフー、JXTG、神戸鋼も下げました。値下がり率上位はアダストリア、UMCエレク、enish、一六堂、ジンズメイトなど。半面、三菱UFJなど3メガバンクがしっかり。任天堂、三菱商、住友鉱、コマツ、野村、ニトリも上昇しました。 値上がり率上位は三機サービス、ナイガイ、津田駒、イソライト、イントラストなど。