Logo stockvoice

Market Overview

24日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、空運、不動産、倉庫、石油石炭、鉄鋼など6業種が上昇。電機、精密、情報通信、紙パルプ、金属など27業種が下落。
 前日の米国市場はまちまち。長期金利の上昇からハイテク株比率の高いナスダックは一時4%超の下落となりましたが、パウエル議長の議会証言で金融緩和の継続が確認されると、下げ幅を縮小。ダウとSP500は小幅高で終えました。
東京市場は日経平均が136円安でスタート。香港政府が株式投資関連税の引き上げを提示し、ハンセン指数が大幅安。上海、韓国、台湾も下げ、東京も売りが先行。日経平均終値は2月12日以来の3万円割れとなりました。
個別銘柄では、村田製、アドバンテスト、日本電産などハイテク関連が軟調。第一生命、三菱UFJなど金融株も冴えませんでした。半面、ワクチン期待からANA、HIS、オリエンタルランドなど観光関連が上昇。

22日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、空運、海運、非鉄、金属、ゴムなど27業種が上昇。精密、薬品、食品、その他製品、機械など6業種が下落。
 前週末の米国市場は3指数とも小動き。長期金利が1.3%台後半まで上昇し、IT、ハイテク株は弱含みました。東京市場は日経平均が264円高でスタート。週末に3日続落した反動から、終始買いが先行。ただ、連休の谷間とあって終盤は上げ幅を縮小しました。
個別銘柄では、ANA、郵船など運輸株が強含み。アドバンテスト、東京エレクなど半導体株も買われました。半面、武田、アステラスなど薬品株が弱含み。

19日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、海運、紙パルプ、精密の3業種が上昇。鉱業、空運、陸運、石油石炭、証券など30業種が下落。
 前日の米国市場は3指数とも下落。新規失業保険申請者数が予想を上回り、雇用回復ペースの鈍化が意識されたようです。
東京市場は日経平均が266円安でスタート。週末調整の動きがあったうえ、高値圏での利食いも出たとみられ、終始売りが先行。ただ、一時は3万円を割り込んだものの、終盤に戻して終えました。
個別銘柄では、国際帝石、出光など原油株が冴えず。野村、大和など証券株も売られました。半面、郵船、商船三井など海運株がしっかり。

18日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、電力ガス、空運、薬品の3業種が上昇。証券、鉄鋼、その他金融、鉱業、非鉄など30業種が下落。
 前日の米国市場は小幅まちまち。1月の生産者物価指数、小売売上高が予想を大きく上回り、金利上昇懸念から序盤は売り先行。ただ、FOMC議事録で当面の緩和維持が確認され、後半は戻しました。
東京市場は日経平均が19円高でスタート。急ピッチの上昇に高値警戒感は強く、概ね利益確定売りが先行。ただ、3月限オプション売買でバブル超えの3万9000円コール(買う権利)が成立するなど、先高感は継続。後半は戻して終えました。
個別銘柄では、日本製鉄、神戸製鋼、JFEなど鉄鋼株が軟調。住友鉱山、DOWAなど非鉄株も冴えませんでした。半面、JAL、ANAなど空運株が強含み。

17日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、空運、鉱業、石油石炭、鉄鋼、海運など17業種が上昇。ゴム、精密、不動産、建設、薬品など16業種が下落。
 前日の米国市場は小幅まちまち。手掛かり材料がない中、10年債利回りが1.3%台に達し、ハイテク比率の高いナスダックがやや下押しされました。
東京市場は日経平均が101円安でスタート。足元の連騰疲れもあり、終始売りが先行。ただ、下値では買いが入り、直近のトレンドを大きく崩すには至りませんでした。
個別銘柄では、村田製、TDK、東京エレクなどハイテク関連が冴えず。三菱地所、東京建物など不動産株も売られました。半面、日本製鉄、郵船など景気敏感株がしっかり。